アイシングクッキーのラッピングは箱で見せるのがおすすめ!

2019/01/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

贈り物としてアイシングクッキーを作ったら、どんなラッピングにしようか悩み人も多いです。

せっかく作ったアイシングクッキーですから、ラッピングにもこだわりたいですよね。

 

アイシングクッキーは箱に入れてラッピングするのがおすすめです。

箱にアイシングクッキーを詰めると、アイシングクッキーが割れにくくなっていいですよ。

 

今回は、アイシングクッキーの箱ラッピングの方法箱ラッピングのアイデア集をご紹介します。

 

スポンサーリンク

アイシングクッキーのラッピングは箱で見せよう

アイシングクッキーはまず1つずつ袋詰めにすると、ラッピング方法のバリエーションも広がりますよ。

アイシングクッキーを箱でラッピングするときに用意するもの

透明のラッピング袋

アイシングクッキーは何と言っても、その見た目のデザインが魅力の一つです。

となると、やっぱり透明のラッピング袋を使うの方法が一番おすすめです。

透明のラッピング袋でしっかりアイシングクッキーのデザインが見えるようにしましょう。

 

ラッピング袋の大きさは、アイシングクッキーの大きさに合ったものを使いましょう。

見た目がキレイに仕上がります。

 

100均にもいろいろな大きさやデザインのラッピング袋があるので覗いてみてください。

ダイソーのラッピング袋で袋詰めしてみました。

タイつきなので簡単にラッピングをすることができましたよ。

 

乾燥剤

アイシングクッキーも他のクッキーと同じで、空気に触れると湿気てしまいます。

湿気るのを防ぐために乾燥剤を入れます。

せっかくプレゼントするので、美味しく食べてもらいたいですよね!

 

乾燥剤には、シートタイプとつぶつぶが入った袋タイプがあります。

 

袋タイプだとクッションの代わりになりそうですが、シートタイプの方がスリムで邪魔にならず、ラッピングした時もキレイに収まりますよ。

 

シーラー

アイシングクッキーを袋詰めするなら、この道具は欠かせません。

熱でラッピング袋の口を密閉して、湿気を防いでくれる便利グッズです。

クリップでラッピング袋を挟むだけで、簡単に口を閉じることができます。

乾燥剤とこのシーラーを使えば、湿気対策は万全ですね。

 

でも、ちょっと試しに作りたいだけ、たまにしか作らないという人は、100均のダイソーにあるシーラーもおすすめです。

手のひらに収まるサイズで、ラッピング袋の閉じたい部分を挟んだまま、横にスライドすると熱で袋の口を密閉してくれます。

 

挟む力の加減やスライドさせるスピードなどの要領はいりますが、何度か練習するとキレイに閉じることができましたよ。

 

100均には他にもアイシングクッキー作りに必要な材料や道具などの商品があるのでぜひ探してみてください。

 

台紙


せっかく作ったアイシングクッキーが渡すときや持ち運びのときに割れてしまっては残念です。

台紙を入れると緩衝材として割れるのを防いでくれたり、アイシングクッキーに合わせたデザインの台紙を入れると、中身のアイシングクッキーがさらに映えて素敵なラッピングになります。

 

乾燥剤を台紙の裏に入れると隠れるので、アイシングクッキーの邪魔にならずにいいですよ。

 


箱は透明のものだと、可愛くデコレーションしたアイシングクッキーがよく見えるのでいいですよ。

 

紙パッキン

紙パッキンは、箱の底に敷き詰めます。

箱の中でアイシングクッキーが動くのを防いでくれて、 クッションの役割をしてくれます。

スポンサーリンク

アイシングクッキーの袋詰めの方法

まず、アイシングクッキーを袋詰めするときは、しっかりと乾かすことが大切です。

指で押したらせっかくのアイシングクッキーのデザインが潰れてしまった!となっては台無しです。

少なくとも8時間以上はしっかり乾かしておきましょう。

アイシングクッキーを袋詰めする前日までに仕上げておくと安心ですね!

 

1,透明のラッピング袋に台紙を入れます。

 

2,台紙の裏に乾燥剤を入れます。(シートがなかったので袋タイプを入れました)

 

3,台紙のおもてにアイシングクッキー入れます。

 

4,シーラーでラッピング袋の口を閉じます。

 

5,袋の口を後ろに折り曲げて、好きなシールでとめたら出来上がりです。

スポンサーリンク

アイシングクッキーの保存方法と賞味期限は?

アイシングクッキーを袋詰めや箱でラッピングして、誰かにプレゼントする時、気になるのがアイシングクッキーの賞味期限や保存方法ではないでしょうか?

手作りのアイシングクッキーは、作るときにアイシングクリームをしっかり乾かして水分をなくすと2週間から1か月は日持ちします。

 

このとき大切なことは、

  • 保存は乾燥剤を入れ、密閉容器に入れること
  • アイシングクリームをしっかり乾燥させること

 

アイシングクッキーを保存するとき、乾燥剤を入れ密閉容器に入れるのは、湿気を防ぐためです。

アイシングクッキーにとって湿気は大敵です。

 

スポンサーリンク

アイシングクッキーが割れない!箱でラッピング

アイシングクッキーを一つずつ袋詰めにしたら、箱に入れてラッピングしましょう。

箱の底に、紙パッキンを詰めたら、アイシングクッキーを並べます。

箱の大きさに合わせて、縦に立てたりデコレーションがよく見えるように横に並べてみましょう。

フタをしたら、リボンを掛けたりシールを貼ったり、可愛くラッピングしてくださいね。

箱にアイシングクッキーを入れることで、クッキーが割れにくくなりますよ!

 

アイシングクッキーの箱ラッピング集

クリアボックス

クリアボックスにきれいにデコレーションしたアイシング クッキー並べると、さらにアイシングクッキーが映えていいですね。

 

中身の見えない箱

miccoさん(@micco_factory)がシェアした投稿

あえて中身の見えない箱でアイシングクッキーをラッピングするのもおすすめですよ!

箱を開ける楽しみがあります。

アイシングクッキーの雰囲気に合わせて、箱の絵柄を選ぶといいですね。

 

トレイ

 

View this post on Instagram

 

Kawakami Masakoさん(@chi___koko)がシェアした投稿

アイシングクッキーを箱でラッピングする代わりにトレイも使えますよ!

トレイに乗せてラッピングをすれば、まるでカフェにいるみたいです。

おしゃれなプレゼントになりますね。

 

satori ☺︎さん(@satori_hattori)がシェアした投稿

箱は箱でも缶にクッキーを詰め合わせて、クッキー缶を作るのもおすすめです。

全部アイシングクッキーにせずに一つだけ入れれば、よりアイシングクッキーが映えますよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アイシングクッキーの箱ラッピングの方法箱ラッピングのアイデア集をご紹介しました。

箱に詰めてラッピングすることで、アイシングクッキーが割れにくくなって、きれいにデコレーションしたアイシングクッキーもしっかり見せることができます。

せっかく作ったアイシングクッキーですから、キレイにラッピングしてプレゼントしてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アイシングクッキーのいろは , 2018 All Rights Reserved.