Notice: Use of undefined constant ‘thumb420’ - assumed '‘thumb420’' in /home/sumiko7511/icing-sweets.net/public_html/wp-content/themes/giraffe/functions.php on line 93
巾着のリボン2本の結び方!基本の蝶結びを動画で解説! | アイシングクッキーのいろは

巾着のリボン2本の結び方!基本の蝶結びを動画で解説!

2020/09/26
 

Notice: Use of undefined constant full - assumed 'full' in /home/sumiko7511/icing-sweets.net/public_html/wp-content/themes/giraffe/single.php on line 49
この記事を書いている人 - WRITER -

ラッピングで巾着は定番ですが、意外と難しいのがリボン2本で結ぶ蝶結びの結び方です。

簡単にできそうですが、リボンの輪がキレイに横に並ばず、斜めになったり、せっかくのリボンの柄が裏向きになったり。

簡単なラッピングでも、巾着のリボン2本がきれいな結び方になっているときちんと感が出ます。

今回は、巾着のリボン2本で結ぶ、基本の蝶結びの結び方をご紹介します。

巾着のリボン2本の結び方!蝶結びの基本

ラッピングの巾着は、はじめからリボンがついていて、2本のリボンの両端を引いて袋の口を閉じるタイプと、自分で袋の口をジャバラ折りにしてリボンを巻いて口を閉じる方法があります。

どちらも蝶結びがキレイに結べると、可愛くラッピングすることができます。

また、蝶結びの基本をマスターしていれば、いろいろとラッピングの応用がききますよ。

ちなみに袋の口をジャバラ折りする時は、真ん中を折ってから左右の端を折っていくときれいなジャバラ折りになります。

 

基本の蝶結びの結び方
  1. 袋の口はあらかじめジャバラ折りにしておき、クリップなどで留めておく
  2. 作りたいリボンの輪の大きさと垂れの長さを決めて、結びはじめを決める
  3. リボンの結びはじめの位置で、リボンを1周して結んで袋の口を閉じる
  4. この時、リボンの切り口が左下になるように結ぶ
  5. 左下にあるリボンで輪を作る(リボンの右の輪になる)
  6. 右上のリボンを上から下におろす(結び目になる)
  7. 左下のリボンの後ろの輪に、右上のリボンを通して輪を作る(リボンの左の輪になる)
  8. 結び目を締めたい場合は、左右のリボンの輪に指を通して結び目近くをつまんで引っ張る
  9. 形を整えて、好きな長さにリボンを切ったら出来上がり!

 

ダブル蝶結びの結び方

基本の蝶結びができれば、ダブル蝶結びも簡単にできますよ。

巾着でももちろんできますし、箱のラッピングもダブル蝶結びにすると、さらに華やかなラッピングになります。

 

ダブル蝶結びの結び方
  1. 作りたいリボンの輪の大きさと垂れの長さを決めて、結びはじめを決める(輪は2つ分)
  2. リボンの結びはじめの位置で、リボンを1周して結ぶ
  3. 左下にあるリボンで輪を3つ作る(右の輪2つ・左の輪1つ)
  4. 右上のリボンを上から下におろす(結び目になる)
  5. 左下のリボンの後ろの輪に、右上のリボンを通して輪を作る(左の2つ目の輪になる)
  6. 結び目を締めたい場合は、左右のリボンの輪に指を通して結び目近くをつまんで引っ張る
  7. 形を整えて、好きな長さにリボンを切ったら出来上がり!

箱にダブル蝶結びをする場合は、箱の端にダブル蝶結びを作ってから、箱の真ん中にむずび目を動かすとキレイに結べますよ。

トリプルリボン結び

トリプルリボン結びは、難しそうに見えますが、実はダブル蝶結びができるなら簡単にできてしまいます。

結び方はダブル蝶結びとほとんど変わりはありません。

トリプルリボン結びは、ぐんとオシャレ度がアップする結び方ですよ!

 

ダブル蝶結びの結び方
  1. 作りたいリボンの輪の大きさと垂れの長さを決めて、結びはじめを決める(輪は2つ分)
  2. リボンの結びはじめの位置で、リボンを1周して結ぶ
  3. 左下にあるリボンで輪を2つ作る(右の輪1つ・左の輪1つ)
  4. 右上のリボンを上から下におろす(結び目になる)
  5. 左下のリボンの後ろの輪に、右上のリボンを通して輪を作る(左の2つ目の輪になる)
  6. 結び目を締めたい場合は、左右のリボンの輪に指を通して結び目近くをつまんで引っ張る
  7. 形を整えて、好きな長さにリボンを切ったら出来上がり!

 

巾着リボンのラッピングアイデア集

リボンの蝶結びの基本がわかったところで、巾着やラッピング袋のラッピングアイデア集を見ていきましょう。

風呂敷で巾着ラッピング

View this post on Instagram

 

西洋菓子 卯屋さん(@yogasi_usagi_ya)がシェアした投稿

 

風呂敷の巾着は和の雰囲気が出て素敵ですね。

巾着に合わせてリボンではなく紐を合わせているのもイメージにぴったりです。

また、メッセージカードを一緒につけることで、より気持ちが相手に伝わりますね。

 

ラッピング袋と紙コップを合わせて

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラッピングCafe(@wrappingcafe)がシェアした投稿

透明のラッピング袋なら、かわいい紙コップを合わせて、あえて見せるラッピングもいいですよ!

中身がお菓子なら、紙コップに入れることで崩れる心配もありませんし、紙コップの柄が見えてかわいいです。

 特別な贈り物は巾着を箱詰めに

 

View this post on Instagram

 

rocacandleさん(@rocacandle)がシェアした投稿

 

特別なお贈り物は巾着でラッピングした後、さらに大切に箱にいれてみてはどうでしょう。

箱を開けてさらに巾着でラッピングされていると、ワクワク感と特別感がぐんとアップしますね!

 

紙袋を巾着風に

 

View this post on Instagram

 

パッケージプラザ 株式会社 池袋公徳堂さん(@koutokudo)がシェアした投稿

紙袋を巾着風にラッピングするのもかわいいですね!

リボンではなくお花や紐で飾ると、また雰囲気が変わります。

まとめ

今回は、巾着のリボン2本で結ぶ、基本の蝶結びの結び方をご紹介しました。

袋や巾着の口を2本のリボンで蝶結びにするラッピングは、手軽で簡単にできるラッピング方法です。

シンプルだからこそ、リボンの蝶結びが目立つのできれいに作れるようになってるとラッピングの出来が変わります。

基本の蝶結びをマスターしておけば、箱ラッピングなどいろいろな場面で応用できますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アイシングクッキーのいろは , 2018 All Rights Reserved.